肌の乾燥と日焼けの関係

肌の乾燥と日焼けの関係

肌の乾燥と日焼けの関係についてまとめました。
日焼けが肌に与える影響にはどのようなものがあるのか、そもそも日焼けとはどのような状態のことを言うのかなど、基本的な情報から分かりやすく紹介しています。

日焼けとは

日焼け

日焼けとは、肌が紫外線を浴びることで黒っぽく変色することを言います。

紫外線は細胞のDNAを破壊する働きを持っているので、紫外線を浴び続けてしまうと細胞がダメージを受けてしまい、場合によっては皮膚がんが発症してしまう可能性があります。

日焼けは、これを防ぐための肌の防御機能なんです。

肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を生成しますが、この色素は黒っぽい色をしていて、これこそが日焼けの正体です。
このメラニン色素は紫外線を受け止め、肌細胞へのダメージを軽減してくれる働きを持っているんです。

紫外線を浴びれば浴びるほど日焼けしてしまうのは、紫外線からのダメージを減らすためにメラニン色素をたくさん作り出そうとするからなんですね。

日焼け後に肌が乾燥する理由

日焼け後に肌が乾燥する

日焼けとは肌が紫外線を浴びてメラニン色素が分泌された状態のことでなので、日焼けをするということはそれだけ肌が紫外線を多く浴びているという証拠です。

紫外線を浴びてしまうと、その影響で肌は炎症を起こしてしまい、その結果バリア機能は低下してしまいます。
バリア機能が低下してしまうと、肌の水分が逃げやすくなり、肌の潤いを正常に保てなくなります。

したがって、肌の乾燥を防ぎたいのであれば、日焼けの予防は欠かせません。
特に顔の肌は他の部分に比べて弱いので、メイクの際はUVカットの効果があるアイテムを使うようにしましょう。

日焼け後の乾燥対策で肌トラブル回避

日焼け後の乾燥対策

肌は日焼けをすると、一時的に炎症を起こしてしまいます。
炎症を起こしてしまった肌は、バリア機能が低下してしまっているので、潤いを保てず乾燥しやすくなり、さまざまな肌トラブルを起こしやすくなります。

そのため、肌が日焼けしてしまったときは、保湿ケアをしましょう。まず、保湿をすることで炎症を抑え、肌の状態を整えてあげることが重要になってきます。

「日焼けをした時は保湿をするべき」ということを聞いたことがある人は多いかもしれませんが、これは日焼けをした際に肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥しやすくなっているためなんですね。

保湿ケアでは、できればセラミドが配合されたものを使用するとより高い効果が期待できます。