肌の乾燥を悪化させるスキンケアとは

肌の乾燥を悪化させるスキンケアとは

肌の乾燥はスキンケアが原因になっている可能性があるって知ってました?
いつもの習慣のせいで気付かないうちに自分で肌を乾燥させやすくしていたかもしれないなんてこわいですよね。

そこで、正しいスキンケア方法を知って、肌の乾燥を防いでいきましょう。

クレンジング

クレンジング

クレンジングで気をつけなければいけないのは、摩擦とクレンジングの洗浄成分によるダメージです。

クレンジングの時は、メイクをしっかり落とそうと思い、ついつい力を入れてしまいがちですよね。
しかし、力を入れすぎると、肌表面の保湿の役割を担っている角層もメイクと一緒に落としてしまう可能性があります。
また、クレンジングの成分(特に界面活性剤)はメイクだけでなく、肌がもっている保湿成分のセラミドなども洗い流してしまうことがあります。

そのため、クレンジングを選ぶ時は、保湿成分が入っていること、なるべく摩擦を与えずにこすらず使えるアイテムを選ぶことが大切です。
もしも頑固なメイクはこすらないと落とせないという人は、パーツによってクレンジング剤を使い分けることをおすすめします。

クレンジングで肌が乾燥する原因は角層を力強くこすり落としてしまうことと、必要以上に洗ってしまうことなので、これらを避けることが大切です。

洗顔

洗顔

洗顔もクレンジング同様、必要以上に汚れを落としすぎないことが大切です。
肌表面がベタついてしまったり毛穴に皮脂がつまってしまったりするので、それをよく落とそうとしてゴシゴシと洗顔しがちですよね。

ですが、肌を洗いすぎると角層の保湿成分も同時に洗い流してしまうことがあり、乾燥しやすくなってしまいます。
さらに洗顔時に熱いお湯を使うと、なおさら角層が柔らかくなり、肌に必要な潤いも洗い流してしまうことがあります。注意しましょう。

また、頻繁に洗顔をするのも要注意です。なぜかというと、洗顔後、肌のバリア機能が回復する前にさらに洗顔してしまうことで、慢性的に乾燥しやすい肌になってしまうからです。

そのため、乾燥が気になる方は洗顔を夜のみにしてみたり、洗浄力の弱い洗顔料や石鹸を使用してみたり、工夫をすると肌の乾燥を改善できる可能性があります。
洗顔料はぬるま湯でよく泡立て、泡で包み込むようなイメージで優しく洗顔しましょう。

必要なのは水分ではなく「セラミド」

そして肌を乾燥させないスキンケアの中でも、特に重要なのが保湿です。
クレンジングや洗顔などに気をつけ、できるだけ角層を傷つけないようにしたとしても、そのあとに保湿をしなければ肌はダメージを受けやすい状態になってしまいます。

保湿は、あくまでも自分自身のバリア機能が回復するまでの一時的な処置だというふうに考えましょう。
そのため、保湿のスキンケアアイテムを選ぶ際にはできるだけ肌本来が持っている成分に近い成分が含まれたものを選んであげるとよいでしょう。
たとえば、肌の潤いを保っているものにセラミドという成分がありますが、スキンケアによってはセラミドが配合されているものもあります。
セラミドにはいくつかの種類があるので、ただ「セラミドが入っているからいいか」などと考えずに、「ヒト型セラミド」など肌がもっているセラミドに近い種類のものが配合されているものを選びましょう。