肌の乾燥を治す方法

肌の乾燥を治す方法

肌が乾燥していると、カサカサしてきて化粧ノリが悪くなります。さらに乾燥が悪化すると、刺激に弱くなって炎症を起こしてしまったりします。
そこで、肌の乾燥を治すための方法について紹介します。

肌の乾燥を防ぐポイントとは

肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐポイントは、「皮脂を落としすぎないこと」「肌のバリア機能を補ってあげること」「肌の代謝を上げること」の3つで、これらを毎日続け、角層の状態を整えてあげることが大切です。

肌が乾燥しやすくなる原因は洗顔やクレンジングにあることが多いと言われています。
なぜかというと、洗顔やクレンジングの際に肌にとって必要な潤いまで洗い落としてしまうことがあるからです。
そのため、洗顔やクレンジングの時はできるだけ肌に力を加えないようにすることが大切です。

また、洗顔やクレンジング後は肌が乾燥しがちなので、化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をしてあげることが大切です。
その際には、肌がもともと持っている保湿成分の「セラミド」が含まれているものを使用しましょう。

肌の潤いは肌のターンオーバー(代謝)が正常に行われることによって維持されているので、肌の代謝を上げることも重要です。
肌代謝を促進するためには十分な睡眠を取ることや、体の中に老廃物を溜め込まないようデトックスをすることが大切です。

肌の乾燥を繰り返さないために

肌の乾燥が繰り返してしまうのは、角層が乱れていることが原因です。
しかし、肌の角層の状態が整い、ターンオーバーがちゃんと行われるようになるには数週間から数ヶ月間はかかると言われています。
したがって、保湿をしっかり行っても、角層の状態が整っていなければ再び乾燥しやすい状態になってしまいます。

そのため、肌の乾燥を繰り返さないためには、スキンケアを毎日の習慣にすることが大切です。
肌の乾燥は食生活や睡眠、日焼けなどさまざまなことが原因になりえますが、乾燥を防ぐためには正しいスキンケアを毎日行いましょう。

日中は紫外線の影響を受けないようUVカットの効果のある化粧品を使ったり日傘をさしたりして、帰宅後はメイクをしっかりと落として洗顔後は保湿をすること。
この少しの努力を怠らないことが、肌の乾燥を治す近道です。

一番は保湿ケアをすること

肌の乾燥を治すためには、保湿ケアをすることが一番大切です。
肌は本来であれば自らの力で潤いを保つことができますが、肌が乾燥しがちな人はその肌本来の力を失ってしまっています。
そこで有効なのは、肌本来の力を機能させてあげることです。そのために保湿ケアが大切になってくるんですね。

前述の通り保湿にはセラミドが有効ですので、セラミドが配合されたスキンケアアイテムを使用することで肌の乾燥を改善していきましょう。